30代の服装選びは難しい

「20代のころの服装が似合なくなった」「持っている服のブランドやデザインが若作りに見える」といった悩みを抱えている30代男性の方は多いかと思います。男性の30代は体形が変化しやすい年頃です。また、壮年期も中頃を迎えようとしている年齢なので、この時期は服装への感性も大きく変わります。30代男性はどんな服装を選べばよいのでしょうか。30代のメンズファッションで気を付けるポイントは主に3つです。

清潔感・配色・シルエットの3つに気を配ろう

1つ目のポイントは清潔感です。どんなデザインやブランドを選んだとしても、汚れていたり毛羽立っていては、おしゃれには見えません。シンプルであっても、清潔なイメージを持ってもらえる服装を心がけましょう。なるべく、古着やダメージの強いデザインも避ける方がよいでしょう。2つ目のポイントは配色です。おしゃれに気を配ろうとするほど、奇抜なカラーを選んでみたくなるものです。しかし、30代男性には落ち着いたファッションが似合います。できるだけ、シックなカラーのもので3色ほどの色合いでまとめましょう。また、1トーンでまとめたメンズファッションも、落ち着きと清潔感を合わせてアピールできるのでおすすめです。3つ目は選ぶ服のシルエットです。若いころと同じようなシルエットの服を選ぶと、崩れた体形が外に出てしまいがちになります。仮に体形を維持していたとしても、タイトなファッションはおすすめできません。スリムなデザインほど若い印象を与えてしまい、年齢とのギャップを感じさせるからです。そのため、ややゆったりめのデザインがおすすめです。ですが、逆にゆったりとしすぎたルーズなデザインを選ぶと、中年感が服装に出てしまうので注意してください。

agaを新宿で治療するには、まず自分に合う通いやすいクリニックを選びます。最初にカウンセリングを受けた後、治療を開始します。